地中熱を利用した冷暖房

地中熱を利用した冷暖房

人の力によって作りだされたエネルギーではなく、自然にあるエネルギーを利用するといった方法には様々な種類がありますよね。

近所を歩いていてもちらほらと見かけるようになった住宅用の太陽光発電は、世界と比べてみても日本は導入実績が高いほどです。

他にも自然エネルギーには風力、水力による発電などがあげられます。

そして最近話題になりつつある自然エネルギーとして、地中熱を利用したものがあります。

まず、地中熱とは地盤の浅いところに存在する低温のエネルギーであり、地下10~15mの深さの温度は夏場や冬場という季節に関係なく一定の温度を保っています。

そのため、夏場は外気の温度が上昇し暑くなるため地中との温度差ができます。

同じく冬場も外気の温度より地中の温度の方が低くなるのです。

その温度差を利用して冷暖房などをおこなうことができます。

地中熱を利用すれば、冷暖房の運転時にでる熱が外にでることがないので地球温暖化対策にも繋がるのです。

地熱との違いは何なのだろうか

風力や水力など自然のエネルギーを利用した電力を使うことは地球温暖化対策にもなります。

そういった自然エネルギーの中に地熱と地中熱を利用したものがあります。

地熱と地中熱と聞くと何だか同じもののように聞こえますが、あなたはこの二つの違いを説明することができるでしょうか。

私は二つの違いをうまく説明できませんでしたが、この二つは全く違うものでした。

まず地熱を利用するためには、地上に噴出する熱水などをそのまま利用したり、地下に流し込んだ水が熱によって水蒸気に変わったものを利用したりしています。

最近でも火山噴火のニュースが取り上げられていましたが、日本は火山が多いので熱資源が豊富といえます。

一方、地中熱は地中と地上の温度差を利用しています。

地中熱事業を行っている会社サイト

通常エアコンは空気中の熱を利用していますが、地中の熱を利用していると考えると分かりやすいです。

地熱と地中熱は聞こえは似ていますが、全く別ものなのです。

どちらも効率的に利用するため今も研究が行われています。